月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

FX自動売買ソフトはスマホでできる?おすすめのPCの選び方

FX自動売買はスマホじゃダメなの?

「スマートフォンでできますか?」というお問い合わせをいただきますが、自動売買システムを動かすにはパソコンが必須です。

スマホは情報収集の手段に利用しましょう。

サクッと調べるなら、スマホのほうが良いですが、こういったシステムを動かすにはパソコンが適しています。

トレード用パソコンは何でもいいの?スペックは?

動くパソコンであれば、なんでも良いのかというとそうではありません。

しょぼいパソコンだと、うまくトレードされないということが起こります。

ボロボロのラケットでテニスをしても、うまくボールを打ち返すことができないですよね。

それと同じで、自動売買をするにもある程度のスペックを持つパソコンが必要です。

パソコン選びで大事なこと3つ

大切なのは下記の3つです。

1.予算を決める
2.画面サイズ、重さ
3.スペック

1.予算を決める

多くのパソコンの価格は5万円〜10万円程度です。

そこそこのを選ぶと 7,8万円程度しますが、仮に10万円のパソコンを1年使うと考えれば、1日あたり234円。

安いものは当然スペックが低くなってきますので、5~10万円程度のものがおすすめです!

2.画面のサイズ

モニターのサイズは、個人的に13.3インチがおすすめです。

MT4というツールを利用する際に、画面が小さいとかなり見づらくなってしまいます。

3.スペック

最も大切なスペックですが、最低でも下記の条件を満たすものが必要です。

CPU:Core i3以上
メモリ:2~4GB以上
SSD:120GB以上(HDDでも可※ただし動作がSSDに比べて遅い)
これ以下になると、起動が遅くてイライラしたり、うまくトレードされない場合があります。

予算に余裕がある人は、メモリが8GBなど処理能力の高いものを購入すると、長期的にストレスなく使えるかと思います。

トレード用ノートパソコンの具体的な選び方

価格.comで売れ筋ランキングを見る

まずは、価格comでノートパソコンのランキングを見ます。

基本的に、ランキング上位のものはコスパが良いので、上位のものから見ていくと良いと思います。

良いものがなければ、左の欄で、「価格・重さ・スペック」などを絞って検索できるので入力しましょう。

選ぶポイントは、国内メーカーよりも海外メーカーのほうが安いので、海外メーカーで探すことです。

具体的には、DELLやHPが安くてスペックもそこそこ良いのでおすすめですね。

パソコンにおいて日本メーカーだから安心ということはありません。

海外メーカーのものでも、購入明細があれば、故障時の対応などはしっかりとしてくれます。

※Macbookは対応していない機能などもあるのでWindowsのものを選びましょう

※購入時の明細などは故障時のために保管しておきましょう。

デスクトップとマルチディスプレイの選び方

FX自動売買をトレード用パソコンで始めてみよう

パソコンの購入が完了したらFX証券会社に登録しましょう。

自動売買をするのであれば、国内ではなく海外の証券会社がおすすめです。

手始めに下記から、XM口座を登録してみてください!

タイトルとURLをコピーしました