スマホだけでOK!自動売買システムプレゼント!

FX自動売買システム(EA)用のパソコンの選び方、スペックは?

この記事では、FX自動売買システム(EA)に必要なパソコンについて解説します。

「そもそもスマホじゃ出来ないの?」

「パソコンに予算をあまり掛けたくない!」

という人にも分かるように、以下の内容を解説していきます。

この記事でわかること
  • 何故、EAはスマホでは出来ないのか
  • EAを動かす必要最低限のスペックや選び方
  • 最安値でPCを購入する方法

目的は、EAを使って稼ぐことので、その点をおさえたコスパ重視のPC選びと、「裁量トレードもしたい!」という人向けの最適なスペックも見ていきます。

スマホだけで出来る!
自動売買プレゼント中

FX自動売買(EA)はスマホじゃダメなの?

「スマートフォンでできますか?」というお問い合わせをいただきますが、自動売買システムを動かすにはパソコンが必須です。

これは、EAを設定するためには(難しくはないですが)最初に様々な設定を入れる必要があり、スマホからでは操作が行えないからです。

また、市場に出回っているEA自体がスマホから利用する事を想定していません。

多くの場合、PC版のMT4またはMT5からの導入になるので、スマホは情報収集の手段に利用しましょう。

使用するパソコンは何でもいいの?

PCを選ぶ際は、以下のポイントを押さえておけば大丈夫です!

Point
  • EAを稼働させるだけならPCはなんでも良い!
  • 裁量トレードもしたいなら最低限PCのスペックにもこだわる事!

EAを稼働させるだけならPCはなんでも良い

EAを稼働させるためだけにPCが必要なのであれば、実はなんでも構いません。

中古の激安Windowsパソコンでも十分でしょう。

EAは多くの場合、手持ちのパソコン自体で稼働させるよりも、VPSと呼ばれる仮想デスクトップサーバーを契約して使用する事を推奨しています。

これはEAに24時間昼夜問わず稼働させることを前提としているためです。

VPSの使い方や契約方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

自宅のPCでEAを稼働させる場合、24時間電源を付けっぱなしで電気代がかかる上、ネット回線が切れたり、フリーズしたり、PCの発熱が原因で故障するリスクもあります。

そのため、確実にトレードを成功させるためにも、自分の所持するPCで取引することはオススメ出来ません。

逆に言えば、PCが必要なのはEAの設定の時だけになります。後は時期によって稼働を止めたり、EAを入れ替えたりするくらいでしか使うことはありません。

だから、最低限動いてくれるPCがあれば他に必要ないのです。

裁量トレードもしたいならスペックも必要

「せっかくPCを新しく買うんだし、他の用途でも使ったり、裁量トレードもしてみたい!」と考えているならばPCもある程度スペックが必要になります。

これはFXでリアルタイムの取引をしているのに、PCの動作が遅くて取引のタイミングがズレてしまう事が起きないようにするためでもあります。

ただ、この場合はEAとは関係なく決める事になるので、自分が使いたい用途のついでにEAを稼働させる目的で購入すればOKです。

ここから先は、裁量トレードもしたい人向けに、パソコンの選び方を解説していきますね。

トレード用のパソコン選び方

ここでは、EAでも使いつつ、裁量トレードや他の事にも使えるPCという事で、手軽に使えるノートPCを購入する前提で話をしていきます。

また、PCのOSには大きく分けてMacとWindowsが存在しますが、Windowsを選んだ方がやりたい事の自由度が高く、値段も安いのでオススメです。

それらを踏まえて以下の3つを解説していきます。

Check!

1.予算を決める
2.画面サイズ、重さ
3.スペック

1.予算を決める

パソコンの値段はピンキリなので、まずは自分が出せる範囲の予算から、最適なPC選びを考えましょう。

例えば、日常的に使う機会があるのであれば、2〜3万程度で買える激安PCではなく、安くても5〜6万はあった方が良いです。

他にも動画作成などクリエイティブな事もしたいなら10万以上は用意した方が良いでしょう。

PCは長くて4〜5年程度で買い換える人が多いので、それだけの期間使い続ける事を考えれば決して高い買い物ではないと思います。

2.画面のサイズ

モニターのサイズは、個人的に13.3インチがおすすめです。

チャートを見ていくのに、画面が小さいと見づらく、逆に大きいと持ち運びが大変で重くなってしまうからです。

EAを起動させる時にも、主にMT4というツールを利用してチャートを眺めることになりますが、画面が小さいとかなり見づらくなってしまいます。

3.スペック

スペックですが、裁量トレードをするなら最低でも下記の条件を満たすものが必要です。

PCスペック

CPU:Core i3以上
メモリ:2~4GB以上
SSD:120GB以上(HDDでも可※ただし動作がSSDに比べて遅い)

ただし、これはあくまで裁量トレードでチャートなどをリアルタイムで眺めて取引するのに必要最低限のスペックです。

他の用途で使うのであればもっと高いスペックが必要になります。

トレード用ノートパソコンの具体的な選び方

PCはメーカーやスペックだけでなく、同じ型番の商品でも、販売店によって値段も異なります。

そのため、PCの最安値を調べるのであれば、価格comでノートパソコンのランキングを見る事をオススメします。

基本的に、ランキング上位のものはコスパが良いので、上位のものから見ていくと良いと思います。

良いものがなければ、左の欄で、「価格・重さ・スペック」などを絞って検索できるので入力しましょう。

ただし、安すぎると保証がついていないものや、スペックの情報を詳しく載せていないものがあるので、注意が必要です。

※購入時の明細などは故障時のために保管しておきましょう。

デスクトップとマルチディスプレイの選び方

FX自動売買をトレード用パソコンで始めてみよう

トレード用のPCはこれで決められると思いますが、肝心のEAは決まりましたか?

当サイトでオススメしているのは月利10〜20%の収益を狙えるFX自動売買システムです。

しかも、当サイトだけで無料で公開しているのです。

設定のサポートも行っているので、興味のある方はLINE公式アカウントの方にも是非参加してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました