月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

FXの両建てとは?勝てる手法とは?デメリットは?自動売買で利益を出す

FXでの稼ぎ方は無数にあると同時に、損失の出し方も無数にあります。

FX界隈では「やらない方がよい」と言われる方法で稼ぐ人もいるので、大切なのは自分に最適な手法や方法などを見極めていくことです。

今回は、同一の通貨ペアでの売りポジション、買いポジションを同時に保有する「両建て」について紹介していきます。

FXの両建てとは?勝てるのか?メリットとデメリット

両建てとは、同一の通貨ペアで売り買いの両方のポジションを同時に保有することを言います。

両建てのポジションの主な特徴としては、

  • 保有ポジションが増える
  • 約定回数が増える
  • 利益と損失の両方がでる
  • 証拠金の効率が上がる

これらのことがあります。

それでは、具体的にメリットとデメリットを解説していきます。

両建てのメリット

FXで両建てをするメリットは、主に下記の3つです。

  • 長期投資をしつつ、短期投資が同時にできる
  • 決済しないことで損益を固定でき、うまくいけば含み損が利益になって利確できる可能性
  • 指標発表時などのレートが乱高下する場面で大きく稼げる可能性

両建ての王道は『長期投資で売りポジションを保有しつつ、短期的な戻り売りを狙って買いポジションを持つ』というようなイメージで、長期投資&短期投資として両建てを利用すると非常に有効です。

また、反対のポジションを保有することで含み損を一定に固定することがで、それを利用して強制ロスカットを回避するという使い方もあります。

レートがエントリーしたレート(建て値)に戻ってきたらポジションを決済して損失を抑えられれば、資金を守れます。

 

さらに、一般的には経済指標の発表時は取引を控えた方が良いという声が多いですが、あえてそこで両建てをすることで、うまくいけば損失を最小にして利益を出すこともできるのです。

両建てのデメリット

メリットは確実にありますが、同時にデメリットもあります。

  • 注文量、決済のタイミングを謝ると大損失の可能性
  • 証拠金が少ないと決済するまで身動きが取れない
  • スワップポイントによって損失が増える可能性

デメリットとしては、保有するポジションが増えることで操作を謝ると非常に危険だということです。

含み損をカバーするために両建てをしようとして、買い売りの誤操作や注文量を誤ってしまった場合は、損失が膨らんでしまう可能性があります。

決済のタイミングを謝ると、買いポジションと売りポジションの両方とも損失になってしまう可能性も十分にあります。

 

また、ポジション数が増えることにより必要証拠金が増えます。

余剰証拠金が少ない場合は、必要証拠金がギリギリという状況になる可能性もあります。

このような状態になるとポジションを決済するまでは身動きができず、新たな相場のチャンスを逃すことになります。

これらのデメリットを踏まえた上でのトレードが大事です。

FX両建て戦法の注意点、禁止されている場合

FXで両建てをするメリットとデメリットを解説しました。

実際に自分のトレードに両建てを取り入れる前に、必ず確認しておくべきことと注意点を理解しておきましょう。

  • スワップポイントによる損失
  • 余剰証拠金と損切り
  • 証券会社やFX業者が両建てを禁止している場合がある

 

FXでは、為替の差益のほかに、スワップポイントで稼げます。

スワップポイントとは、金利のことです。

スワップポイントは、朝6時55分(夏時間の場合、朝5時55分)をまたいでポジションを保有すると発生します。

両建てをしてポジションを上記の時間を超えて保有していると、その通貨ペアに設定されたスワップポイントがポジションに付与されます。

スワップポイントにはプラスとマイナスのレートがあり、その差によっては証拠金よりも大きな損失が出てしまうこともあります。

値動きの大きなときを狙って長期間ポジションを保有する「スイングトレード」を行うさいには注意が必要です。

 

特にマイナーな通貨は、スワップポイントが高く設定されていることも少なくありません。

スワップポイントの付与は、毎日あるのでポジションを保有している期間が長ければ長いほど、侮れない損失になる可能性もあるのです。

 

余剰証拠金と損切り

損切りをしたくないがために、両建てをして損失を一定にするという方法を先ほど紹介しました。

しかし両建てをするということは、どちらかがプラスでどちらかがマイナスになっている状態です。

ハイレバレッジで両建てをした場合は、経済指標発表時のような短期間で相場が大きく乱高下すると二重にロスカットされる可能性もあります。

常に余剰証拠金と損失額、決済するタイミングを見ておかなければ取り返しのつかない事態に陥ってしまうことがありるので注意してください。

 

そもそも両建てが禁止されている業者もある

本記事では、両建てに関する内容を紹介していますが、そもそもFX業者や証券会社で禁止されていることも少なくありません。

特に同一口座での両建ては非常に厳しい場合があります。

同一口座内での両建て禁止
同一のFX業者での複数口座での両建て禁止
異なるFX業者の口座との両建て禁止…など。

各証券会社やFX業者の規約に必ず両建てに関する内容が記載されています。

ちなみに、海外FXで人気のXMでは下記のルールになっています。

XMの場合は、同一口座内であればいくらでも両建てをしてOKです。

なぜ異なる口座間での両建てはNGなのか?

それは強制ロスカットにあります。

A口座で+50万円、B口座で−50万円利益は相殺されて0円になりますが、片一方に大きく変動した場合、

A口座で+90万円、B口座で−90万円になれば問題ないですが、実際にはB口座は強制ロスカットされて、-40万円に留まったとします。

すると全体では利益が90-40=+50万円になります。

ですので、複数口座間での両建てを禁止にしている業者が多くいます。

このように、証券会社やFX業者によって両建てがOKなところとNGの場所があるので注意が必要です。

このルールを破ってしまうとペナルティや口座凍結の可能性もあります。

両建ての手法を取り入れる前に、必ず自分の利用している証券会社やFX業者は利用できるのかを確認しておきましょう。

 

FX両建て戦法をうまく使いこなして安定して勝てる方法

FXの相場は、その約70%がレンジ相場(一定のレート幅で推移する状態)と言われています。

つまり含み損の状態でも、建て値のレートまで戻ってくる可能性が高いということです。

そのレンジ相場の特性を利用して、両建て手法で稼ぐこともトレード手法の1つの方法です。

そこでFX初心者におすすめなのが、レンジ相場を生かせる自動売買を利用することです。

両建てができる自動売買であれば、両建ての手法をうまく使いこなしながら安定して利益を積み重ねられます。

 

裁量トレードで両建てをするということは、いつも含み損になっている状態でもあります。

人間の場合はどうしても損失に対して感情が揺れ動き、メンタルコントロールをしても損失が続けば冷静な判断を続けることがむつかしくなります。

しかし自動売買を利用することで機械的に判断ができるので、つねに安定した結果を出すことが大きな魅力です。

 

FX初心者であればつい感情に流されてトレードをがちですが、自動売買を利用することでその感情に左右されず、勝率を上げるのに非常に有効です。

裁量トレードであっても、戦略的に両建てをすればかなり勝率が上がるので、今後はぜひ両建てをすることも視野に入れてトレードをしてくださいね。

ちなみに、当サイトのLINE@では両建てにも対応した自動売買プログラムやトレード手法を考案し、提供しています。

興味のある方は、下記のLINEからメッセージください!

タイトルとURLをコピーしました