月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

FXのシステムトレードって何?初心者に向けて分かりやすく解説!

FXの「シストレ」と聞くと少し難しいイメージを持たれている方も多いかもしれません。しかし、近年のシストレは初心者でも簡単にできるように設計されたものも多く出ています。

この記事では、初心者に向けてわかりやすくシストレについて基礎知識から紹介していきます。最後まで読むことで、システムトレードについてのさまざまな疑問が解決するでしょう。

シストレとは

そもそもシストレとはどのようなものなのでしょうか。その疑問を解決するために、基礎的な知識を確認しましょう。

シストレと裁量取引

シストレとは、システムトレードの略で、あらかじめ設定しておいたルールに従ってコンピューターに取引を行わせる取引の事をいいます。一方でコンピューターに頼らず、自分の判断で取引を進める取引方法は裁量取引といわれています。

FXの初心者にはシストレをおすすめします。なぜなら、FXというのは人間なら誰でも持っている「感情」がネガティブな方向に作用しやすいためです。FXの取引で大きな損失を出してしまった人のほとんどは「負けた金額を必ず取り返してやる!」とムキになってしまい、更なる損失を被ってしまいます。一方でシストレは、感情を排除したトレードができるため、初心者にとっては有益なトレードが可能になるのです。

仕事中でもチャンスを狙える

システムトレードを利用することで、忙しい時間帯でも取引チャンスを逃すことがなくなります。そのため、サラリーマンや経営者などに人気の取引スタイルとなっています。また、24時間代わりにエントリーチャンスを探してくれるため、取引ルールがうまくはまれば短期間で大きな利益を狙うことも可能です。

エントリータイミングや建玉の数量、決済といったような本来自分で判断することを自動化することで、パソコンに張り付くことのない効率的な取引が可能になります。

知識がなくても取引可能

近年、国内FX業者はさまざまな自動売買ツールを発表しています。各社はより良い自動売買ツールにしていくために、毎年改善を繰り返しています。その結果、現在では知識のない初心者でもシステムトレードを利用できるようになっています。

シストレの注意点

簡単に取引可能なため、FX初心者におすすめなシストレ。ただし、シストレを実際に行うにあたって以下で解説している注意点は最低限理解する必要があります。

シストレはレンジ相場向け

レンジ相場とは値動きが一定の変動幅を超えることなく、上がったり下がったりを繰り返し続ける状態の事をいいます。シストレはこのレンジ相場向けのため、それ以外のトレンド相場(一方向に上昇/下降しつづける相場のこと)には不向きです。ただ、レンジ相場は相場全体の8割を占めています。レンジ相場で効率よく値動きを掴むことができれば、非常に大きな利益となるでしょう。

仕組みをしっかりと理解しよう

国内FX業者が提供しているシストレの中には、あまり知識がなくても取引が可能なものもあります。また、それにより利益を出している方もたくさんいます。しかし、相場というのは日々変化していくものです。

シストレにより利益が出続けていたとしても、それはたまたま相場の地合いに適していたからに過ぎません。相場の流行に対応していくためにも、シストレの細かいルールなどをすべて説明できるくらいには、理解を深めておいたほうが良いでしょう。

シストレの種類

シストレには「リピート型」と「ストラテジー型」の2種類の型があります。どちらが向いているかは人それぞれです。順番に解説していきます。

リピート型

リピート型とは、相場が特定の条件になるたびに売買を繰り返す注文方法のことをいいます。レンジ相場の小さな値幅をとっていくのに向いており、一攫千金はできませんがコツコツ稼ぐことが可能です。

ストラテジー型

ストラテジー型とは、各社が既に設計し終えた完成品の中からひとつを選んで売買するというものです。リピート型との違いとしてはトレンド相場での利益を取りやすいといった特徴があります。しかし、ストラテジー型は高度な技術が必要なため、初心者が一人で始めるのは少しハードルが高いです。

国内の代表的なシストレ業者

これまで、シストレの基礎的な知識について解説してきました。ここからは、実際にどのようなシストレがあるのかを見ていきましょう。

外為オンラインの「iサイクル2取引」

種類リピート型
手数料片道20円
最小取引金額4,000円

iサイクル2取引は初心者向けのリピート型自動売買システムです。4,000円から取引が開始

できるため、小額から慣れていきたいというかたにもおすすめ。特徴としては、レンジを外れて上昇/下降してもiサイクル2取引は相場に追従してくれるという点が挙げられます。提供元の外為オンラインは使い方も丁寧に説明してくれるため、シストレを初めて体験するというかたはここで始めておけば問題ないでしょう。

アイネット証券のループイフダン

種類リピート型
手数料片道0円
最小取引金額4,000円~

アイネット証券のループイフダンは、初心者向けに設計された「わかりやすい取引」を掲げている自動売買システムです。ループイフダンは為替相場の上下動を自動で追いかけるシステムを採用しています。このシンプルなシステムにより、平均利益率14%という高い実績を実現しているのです。

セントラル短資FXのセントラルミラートレーダー

種類ストラテジー型
手数料片道0円
最小取引金額4,000円~

セントラルミラートレーダーは、世界中のプロバイダーが作成した数百以上の種類の中から良いと思ったものを選ぶだけで、プロトレーダーと同じ取引が再現可能です。また、同時に複数の種類を選ぶことも可能なため、組み合わせによる相乗効果も期待できます。

おすすめの自動売買システム

当サイトがおすすめしているのは、EAを利用した自動売買です。

EA(Expert Advisor)とは、MT4(MetaTrader 4)専用の自動売買プログラムのことです。

MT4の詳細についてはこちらの記事でも解説しております。

MT4にはチャートやテクニカル指標がたくさん用意されていて、トレーダーの間では非常に人気の高い自動売買プログラムです。

カスタマイズ性に優れており、自動売買の条件を設定する事で、プログラムからの自動売買も可能となります。

この自動売買の条件を設定したファイルがEAなのです。

EAは、設定の自由度も高く、MT4にカスタマイズして利用することができます。

開発者も多いので、取引スタイルに合わせて様々な種類の中から選ぶことができるのも魅力です。

つまり、プロのトレーダーが推奨する設定値をプログラムしたEAファイルをMT4に設定すれば、誰でも簡単にプロトレーダーと同じように稼ぐことが出来るのです。

しかし、EAの初期設定は初心者には難しく、種類もたくさんあるため、どれを使って良いのか分からないというデメリットがあります。

当メディアのAutoMixではちゃんと実績のあるEAを提供しています。

設定のサポートなども行っていますので、初心者の方でも無理なくFXの自動売買を始めることができます。

まとめ

以上、シストレについて解説しました。

シストレは、自動で取引をしてくれるので、日中が忙しいサラリーマンや、裁量取引に慣れていない初心者にピッタリです。

また、シストレには「リピート型」と「ストラテジー型」があります。

これからシストレを利用したい初心者におすすめなのは、EAを利用した自動売買ツールの使用です。

興味のある方は、LINE公式アカウントの方にも是非参加してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました