月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

コピートレードとは?勝てない?仕組み、種類、始め方、注意点

自身の力でトレードする裁量トレード自動売買(EA)でトレードするシステムトレード以外に新しいトレード手法が海外で普及しています。

それがコピートレードと呼ばれる手法です。

このページではコピートレードについて紹介していきます。

コピートレードとは?

自分のFX口座と他人のFX口座を結び付けて、他人のトレードで自分の口座でも同様のトレードを行うトレード手法がコピートレードです。

例えば、取引を配信しているトレーダーが米ドル/円で売り注文をすると、結びついてるあなたのFX口座でも売り注文が入り、決済すると同じく決済されます。

資金さえ口座にいれて置けばプロのトレーダーによって自動で取引されるため、初心者が自分でトレードを行うよりも収益が見込まれるのが特徴です。

日本ではまだ馴染みがありませんが、海外ではスタンダードな取引手法になりつつあります。

MAM

MAMは「Mulch Account Manager」の略で「マム」と呼びます。

自身の口座で資金管理を行いながら、プロトレーダーの取引をリアルタイムで見ながら運用できるのが特徴です。

そのため、トレード手法を勉強しながら運用することができます。

PAMM

PAMMは「Parcent Alocation Management module」の略で「パム」と呼びます。

こちらはトレーダーに資金を預けて運用するコピートレードの方法です。

資金を預けるためにどんな取引が行われているのか確認ができません。

確認できるのは損益のみで、資金を預けて運用する投資信託に似ています。

ソーシャルトレード(ミラートレード)とは

ソーシャルトレード(ミラートレード)は先述のMAMよりも、自分で取引のコントロールができるコピートレードの方法です。

MAMは取引の全てをプロのトレーダーに任せているので、自分で決済などの取引操作は行えません。

しかしソーシャルトレードでは、自分の裁量で決済などの取引を行えるといった特徴があります。

コピートレードのメリット

知識がなくても稼げる

FXで稼ごうとなると、トレードの知識を高めて、効果的な手法を確立しなければ安定して稼ぐことができません。

そのためには知識と時間が必要になります。

コピートレードはプロトレーダーの取引が自動的に反映されるため、自身でトレードする必要がはありません。

そのため知識がなくても稼ぐことができます。

チャートを見る必要がない

自身でトレードをする場合は、チャンスを逃さないようにチャートを見ておく必要があります。

会社員など決まった時間にトレードできないという方は大変です。

しかし、コピートレードを運用すればチャートを見てなくても、勝手にトレードが行われます。

あなたは仕事終わりや就寝前、起床時に取引履歴と損益を確認するだけです。

チャートを見れなくてもチャンスを取りこぼすことなく効率的にトレードができ、利益を得ることができます。

トレードの勉強ができる

上手なトレードを独学で習得するのは労力と時間、根気が必要です。

途中で挫折する方も多いですが、コピートレードであればプロのトレーダーの取引履歴を見ることができます。

リアルタイムで見ることができれば、より生のトレードをチェックできるので、独学よりも効率的にトレードの勉強ができるでしょう。

ただしPAMMの場合は取引履歴をチェックできません。

トレードの勉強がしたいということであれば、MAM式のコピートレードを選ぶようにしましょう。

コピートレードのデメリット

手数料がかかる

コピートレードではコピー元のトレーダーに取引手数料を払う必要があります。

取引手数料は利益の数%~数十%となり、業者によって異なります。

コピートレード業者のFBSでは利益の5%を手数料で支払わなければなりません。

中には手数料が無料の業者もあるので、コピートレードを検討している方は手数料忘れずにチェックするようにしましょう。

トレーダーを信頼できるか

他人にトレードを任せるため、安定的に利益を出せるトレーダーを選ばなければなりません、

そのため、過去の実績や収益を確認し信頼できるトレーダーを選ぶようにしましょう。

トレーダーを信頼できない、自分の資金を使われるのは嫌という方はコピートレードには向いていません。

国内FX業者が多くない

冒頭でも触れましたが、コピートレードというトレード手法は日本ではまだまだ浸透しておらず、コピートレードできる業者は多くありません。

調べたところ、国内でコピートレードを提供している業者は「みんなのシストレ」のみです。

失敗しないコピートレードは実績を確認すること

コピートレードを失敗しない方法は、プロトレーダーの過去の実績をチェックすることです。

確認できるのであれば過去の全てのデータ確認し、長期間収益が安定しているトレーダーを選ぶようにしましょう。

ただし、いくら収益が安定しているトレーダーでも月の損益がマイナスになる可能性もあります。

そういったことも考慮しておくことも大切です。

まとめ-コピートレードを活用して上手に稼ごう

コピートレードについて紹介しました。

比較的稼ぎやすいので、FX初心者の方はトレード手法の1つとして運用を検討されても良いのではないでしょうか。

ただしコピートレードばかりに頼るのではなく、自身もトレードを勉強することが大切です。

自身もトレードができるようになれば、収益の幅が広がります。

コピートレードを上手に取り入れて、効率的なトレードを行っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました