月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

長期運用で高利率を出すFXのコツは?稼ぐおすすめ方法は自動売買

資産運用をするなら、誰だって高利率な金融商品を選びたいはずです。

ところが店頭で紹介される金融商品は、銀行預金外貨預金といった、聞き慣れたものばかりです。

「よく聞く金融商品だけど、もっと良いものはないの?」

「時間を取られたくないし、初心者でも簡単にできるものを選びたいなぁ…」

「リスクが低くても、肝心のリターンが低いんじゃ魅力を感じない」

などと考える人にとって、もっと簡単に利益を出せる方法はないかと探しているかと思います。

本記事ではよくある銀行や外貨預金での金利の比較からFX初心者におすすめの自動売買の方法についてご紹介していきます。

ぜひ資産の運用に迷ったときの参考にしてください。

負けない長期運用するのならFXの自動売買がおすすめ!

先に結論だけ書くと、ずばり長期運用をするならFXの自動売買がおすすめ!という主張になります。

しかし今までFXの経験がないと、以下のような疑問が浮かぶかもしれません。

  • リスクが大きすぎるんじゃないの?
  • 本当に素人でも稼げるの?
  • 聞いたことがない手法は不安だし怪しい

お金を出す以上、金融商品のリスクや稼げる仕組みなどは、誰もが気になります。

その部分も含めて、本記事では詳細に解説していきます。

FXの長期運用の前に金融商品の利益率を比較!

資産を長期運用するなら、金利は高いに越したことはありません。

複利で運用する場合は、利回りが1%違うだけでトータルリターンに大きな差がつきます。

より大きなリターンが得るために、それぞれ代表的な金融商品の利回りの比較をしてみましょう。

銀行預金 0.002%

大手銀行や地方銀行の長期金利は0.002%です。(2020.7現在)

100万円を10年間預けていた場合、利子はわずか200円にしかなりません。

コンビニのATMから引き出そうものなら、手数料で吹き飛んでしまう金額です。

銀行は元本保証というメリットがありますが、それにしてもリターンが低すぎるので、資産運用としては非効率と言わざるを得ません。

外貨預金 2.00%

外貨預金で最もポピュラーな通貨である米ドルの場合、金利は2.00%です。(2020.7現在 ※楽天証券参考)

ただし各通貨や世界情勢によって左右されるので、初心者から中級者向きな資産運用と言えるでしょう。

長期で複利運用していくのであれば悪くない数値ですが、資産運用としては少し物足りなく感じるのではないでしょうか。

また為替変動によるリスクも大きいため、いざ日本円に換金したときに元本割れする可能性もあります。

FX自動売買の利率

FX自動売買の利回りは、使用するアルゴリズムや通貨ペア、相場状況によって異なります。

たとえばFX自動売買ツールを使用して米ドルを売買した場合は、年間の利益率は41.2%というバックテストの結果が得られています。(2015.6〜2020.5)

上図はFX自動売買の運用推移です。

100万円で運用していた場合、1年間ごとに40万円ほどの利益を生み出した結果になります。

ただこれだけの結果を聞くと、あまりのリターンの大きさに怪しく感じるかもしれません。

この仕組みやリスクなどの詳細についても後述します。

長期運用の注意点やデメリットは?

安全と思われる銀行や外貨預金の長期運用にもリスクデメリットが存在します。

ご自分の大切な資産を守るためにも、しっかりと熟知した上での運用を心がけましょう。

逆イールドカーブ

景気後退のシグナルとしても知られる逆イールドカーブは、長期運用におけるもっとも大きなリスクの一つです。

逆イールドカーブとは

長期利回りが、短中期利回りよりも低くなること

通常であれば、長期になればなるほど資金が拘束されるため利回りが高くなります。

しかし足元の景気が冷え込んできた際に、短期利回りを瞬間的に上げて資金を集めようとする動きから、逆イールドカーブが生まれます

これによって長期で運用するメリットがなくなり、また資金を動かせなくて稼ぐチャンスを逃してしまう機会損失リスクが発生します。

長期の資金拘束

長期間資金が拘束されるのは、投資家にとって好ましいことではありません。

その理由としては、運用期間中により魅力ある投資先が見つかったとしても、簡単に資金を動かせないためです。

そもそも金融商品自体、満期を迎えるまでは健在なのか不確実で、また急な出費が重なることも考えられます。

そのため長期運用をする際は、利益(利子)や元本がある程度は自由に動かせるほうがよいと言えるでしょう。

インフレーションのリスク

私たちの身近なモノやサービスは年々レベルが上昇しており、それに合わせてインフレーション(価格や物価の上昇)をしています。

言い換えれば同じお金(通貨)であっても、その購買力は景気に合わせて変動していきます。

購買力とは

その国の通貨で獲得できるモノやサービスのレベル

たとえばマクドナルドのハンバーガーは、創業当時は80円ほどで買えていましたが、現在は物価の上昇により倍以上の価格になりました。

これと同じように経済状況の変動によって、昔は買えていたモノやサービスが数年後も同じ値段なのかはわかりません。

長期運用で満期を迎えた銀行や外貨預金はある程度の利子が付与されます。

しかし購買力が運用前と比べ下がっているようでは本末転倒です。

FX自動売買ツールなら月利10%の利回りも可能?

資産の長期運用を考えるときに必要なのは、リスク管理とそれを適切に行う手法なのです。

ここからは、自動売買ツールの収益の仕組み、そして長期運用のリスクなどのをご紹介します。

収益の仕組み

為替や株、先物商品の基本は安く買って高く売ることです。

FX自動売買も同様に安くなったら買って高くなったら売る取引を繰り返すツールです。

「でも安くなるや高くなるが分かれば、苦労しないんじゃないの…?」

と思われるかもしれません。

そこで当サイトのツールではナンピン」と呼ばれる投資戦略を採用しています。

ナンピンとは

保有している株や通貨のレートが下がったときに、損切をせずにさらに買い増しをして平均購入単価(レート)を下げて投資戦略。 繰り返すことで相場が反転した際に大きな利益を得られる上級者向けの手法

為替相場は基本的に上がった、下がったりを繰り返す波のような動き(レンジ相場)を繰り返すので、このナンピン戦略は非常に有効です。

また同じツールであれば誰が運用しても結果は同じになるので、初心者でも安心して運用することができます。

関連記事:初心者がやるならfxと株どっち?初心者でも月利10%を目指せる!

FX自動売買のリスクとは

FX自動売買ツールにも当然リスクはあります。

FX自動売買のリスク
  • 為替変動によるロスカットリスク
  • 資金拘束のリスク
  • 内容は銀行や外貨預金と似たものですが、その本質はまったく異なります。

    リスクを知って運用をすることも、勝ちトレーダーになり収益を上げるコツなのです。

    為替変動によるロスカットリスク

    為替相場の変動によって、運用資金が目減りするリスクがあります。

    相場は世界情勢や各国の経済事情を織り込んで日々上下しており、最近ではコロナ問題も相場に影響を与えています。

    CAD/JPYの値動き

    新型コロナウィルスの流行で世界経済の低迷が懸念された影響で、世界的に円高に傾きました。

    このときに日本円でほかの国の通貨を買っていれば、コロナショックの影響で資産を大きく減らす人もいたでしょう。

    基本的に為替は適正レートが決まっているため、先ほどの図(レンジ相場)のように、下落したとしても時間をかけて値を戻す傾向にあります。

    また大きな為替変動はリスクにもなりますが、「ナンピン」戦略を採用しているツールであれば、下がったところで新たに買増しするため、稼ぐチャンスにもなります。

    ショック相場で大きな損失を出しても、冷静に市場を分析し利用することで、その損失を取り戻すこともできるのです。

    資金拘束のリスク

    FXで各国の通貨を取引するには、ある程度の金額の証拠金が必要です。

    取り扱う通貨量が多くなれば、必然的に証拠金は大きくなります。

    また長期間そのポジションの損切りができず決済しないで資金を拘束すれば、大きな損失を出して退場することもあります。

    FXの自動売買ツールは、市場の状況や都合に合わせて自分で停止をさせたり、損切りを行うことができ、証拠金を維持して損失の抑制もできるので、ある程度は自由に資金を動かすことが可能です。

    関連記事:FXでのレバレッジやロットとは?その意味と国内外の口座の違い

    FX自動売買の収益力

    FX自動売買ツールを5年間運用させた場合、どれくらい稼げるのでしょうか。

    一例として、USD/JPYを自動売買で運用させた結果を紹介します。

    USD/JPY:2015.4〜2020.4

    上図のチャートにおいて、0.1円間隔で1000通貨ナンピンし、それぞれのポジションを1,000円で利確した運用結果は以下のようになります。

    USDJPY:自動売買の運用結果
  • 累計利益:2,619,000円
  • 平均利益率:41.2%
  • 最大含み損:-760,440円
  • 最大必要資金:1,269,480円
  • 単純なナンピン戦略ではありますが、約127万円の資金から、5年間で262万程の利益を取ることができました。

    相場が動けば動くほど、自動売買の取引回数も多くなるのでフラッシュクラッシュ(2019.1)やコロナショック(2020.3〜)などの大相場では、運用資金に対して月利10%超えの利回りも可能です。

    リスクはあってもしっかりと高利率で利益を期待できるのが、自動売買ツールの魅力であり、資産の長期運用をするコツといえます。

    まとめ FXの長期運用で高い利益率を出すコツは自動売買の利用がおすすめ!

    本記事で紹介した内容は以下の通りです。

    本記事のまとめ
  • 銀行や外貨預金の長期運用は非効率
  • 長期運用はインフレ、資金拘束等のリスクがある
  • FX自動売買の長期運用は安定して利益を積み重ねる
  • 巷にあふれる銀行や外貨預金などの金融商品は非効率でということがお分りいただけたでしょうか。

    長期間の資産運用に挑戦するのであれば、高利回りであるFXの自動売買を推奨します。

    記事内でも述べましたが、利回りが1%違うだけで、複利の影響によりトータルリターンに大きな差がつくからです。

    本記事の内容からFX自動売買に興味を持たれた方は、以下の記事もおすすめです。

    より深くFX自動売買の魅力をお伝えします。

    関連記事:FXで儲けるなら自動売買がおすすめ!安定した稼ぎ方を解説

    また当サイトのLINE@では、独自の自動売買プログラムとそのトレード手法をいくつか考案して提供しています。

    興味のある方は、下記のLINEからメッセージをください!

    タイトルとURLをコピーしました