月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

XMの証拠金維持率について解説!ロスカットされないポイントも

XMの証拠金維率は20%を下回ると強制ロスカットされます。

XMは最大888倍のレバレッジをかけて取引できることが魅力の一つですが、ハイレバレッジでの取引はロスカットされるリスクが高まりますよね。

そこで、証拠金維持率についてしっかり理解する事でロスカットを未然に防ぎ、安心して取引できるようになります。

この記事では以下の内容を解説しています。

記事内容
  • MT4/MT5での証拠金維持率の見方
  • 計算機ツールの使い方
  • 強制ロスカットされないポイント

証拠金維持率について正しく理解し、XMで安全に取引を行いましょう。

XMのマージンコールと強制ロスカット

XMでは証拠金維持率が50%を下回るとマージンコールが発動し、20%を下回るとロスカットが発生します。

マージンコールとは決められた証拠金維持率(XMでは50%)を下回ったときに証拠金の追加やポジションの決済を求められることです。

マージンコールを放置して証拠金維持率が20%を下回ると強制ロスカットが発生し証拠金の20%しか手元に残りません。

強制ロスカットを防ぐためにも、証拠金維持率を確認する必要があります。

証拠金維持率とは?

お金, コイン, スタック, 積み上げコイン, ルース ・ チェンジ, お金を増やす, マネータワー, ユーロ

証拠金維持率とは必要証拠金に対して資金がどのくらいあるかを表した数値です。証拠金維持率を知ることで現在の取引リスクを知ることができます。

必要証拠金とは約定レート×取引通貨単位×数量÷最大レバレッジで計算した取引に必要な最低限の証拠金のことです。

MT4/MT5はポジションを持っている通貨ペアの証拠金維持率や、必要証拠金などを確認することができるので見方を解説します。

MT4/MT5での証拠金維持率の見方

証拠金維持率の確認は、MT4/MT5のターミナルの取引タブより見ることが出来ます。

上記の画像を例にすると、こちらはUSDJPYで含み損を抱えている場面です。

金額にすると7,490円の損失ですが、元の残高を見ると10万円以上あるため、証拠金維持率もまだ2236%あります。

しかし、含み損が37,000円を超えると、証拠金維持率の数値は500%以下になります。

海外FXでハイレバレッジで取引している場合は短期売買で500%以下の証拠金維持率では、価格差に対応するのが難しくなるため、追証するか、損切りを検討する事が多いのです。

現状は、まだこのまま取引を続けていても大丈夫そうですよね。

このように、証拠金維持率が現状でどれくらいあるのかを把握する事は非常に重要になります。

また、XMでは証拠金維持率が150%を下回ると出金することが出来ないので注意が必要です。

計算機ツールの使い方

出典 : https://www.xmtrading.com/jp/forex-calculators/margin

XMの公式サイトには証拠金計算機があるので、トレード前に必要証拠金の確認に利用してください。

使い方は簡単で通貨ペアなど5項目を入力すると証拠金維持率を計算してくれます。

入力内容
  1. 口座の基本通貨
  2. 通貨ペア
  3. 口座タイプ
  4. ロット数
  5. レバレッジ

1,口座の基本通貨

口座を開設したときに選んだ通貨で、日本円なら「JPY」です。

2,通貨ペア

自分が取引したい通貨ペアや証拠金を知りたい通貨ペアを選択してください。

口座タイプ

スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座の中から、自分が利用している口座タイプを選択します。

4,ロット数

自分が計算したいロット数を入力します。

5,レバレッジ

設定しているレバレッジを選択します。レバレッジは口座毎で違ったり通貨ペアにより違いがありますが、前の項目で入力した内容にあったレバレッジで計算してくれます。

XM公式証拠金計算機

ハイレバレッジが魅力のXMですが資金ギリギリにレバレッジをかけて取引するとすぐに強制ロスカットされますので、計算機ツールを利用して必要証拠金を確認し、証拠金維持率を保つようにしましょう。

強制ロスカットされないポイント

証拠金維持率を高く保つことで、強制ロスカットされる心配はありません。

ポイント
  • 証拠金維持率は500%以上
  • 逆指値で損切りする

この二つのポイントを抑えるだけで強制ロスカットを防ぎ、リスクの低い取引をすることができます。

証拠金維持率は500%以上

ハイレバレッジで取引を行う海外FXの場合、証拠金維持率は短期売買するなら500%以上で取引をし、長期なら1000%を目安にしましょう。

長期保有時には短期の2倍程度の維持率があれば価格の変動に対応することができます。また証拠金維持率が500%を下回った場合には追加で資金を入れることをおすすめします。

逆指値で損切りする

注文してポジションを保有する場合は入力画面で逆指値設定をすることをおすすめします。自分で決めた損失の中で自動で決済してくれるので、含み損が広がる心配がなくなります。

損切り設定を忘れると、含み損が大きくなり、証拠金維持率が低下します。その結果強制ロスカットのリスクが発生するので、逆指値設定は行ってください。

XM証拠金維持率まとめ

この記事ではXMの証拠金維持率についてMT4/MT5での見方や計算機ツール使い方、ロスカットされないためのポイントについて解説してきました。

XMではマージンコールが50%、ロスカットが20%と低く設定されています。ハイレバレッジでの取引でも証拠金維持率を短期取引の場合は、500%以上であればリスクを抑えて取引することができます。

また、注文する際には逆指値設定をすることで、想定していない含み損を抱えることがなくなります。

これらに気をつけながら、安全な取引を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました