月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

FX自動売買システムWINS(ウィンズ)が勝てる理由?勝率、実績は?

「INSはどうして勝てるのか?」この記事では具体的にそのロジックの秘密をお話いたします。

WINSは、特徴的な戦略として「ナンピン」と「逆張り」を採用しております。

ナンピンとは?

まずナンピンとは?ということですが持ったポジションと反対に値動きした際に買い増して平均購入単価を下げることを指します

  • 買いで入った通貨が下がるその時、さらに買い増す
  • 売りで入った通貨が上がるその時、さらに売り増す

たとえば、1ドル100円の時に100ドル分買うとします。
この時、平均購入単価は100円ですね。
価格が下がってきて1ドルに90円になったので100ドル買い増すとします。
これによって、平均購入単価95円にまで下がります。
ここから1ドル=95円まで回復すれば損失なし。
100円まで戻れば利益が出るということです。

仮に、買い増し(ナンピン)しない場合は、1ドル100円になってようやくプラマイゼロとなります。

「買い増すって危険じゃないの?」と思うかもしれませんが、相場は一方方向に行くばかりではなく、上がったり下がったりを繰り返します。

ナンピンで平均取得単価を下げることで、一時的に反発(上昇)した時に大きな利益を得る事が可能になります。

そのため基本的にほぼ負けることはなく資産が増え続けるようになります。

ただ、注意が必要なのが相場が反発せず、あるいは殆ど押し目や戻り目を付けずにトレンドが発生し続けた場合は多くの資金を溶かす可能性があるということです。

そうならないように、通常のトレードであれば「損切」を設定するのですが、損切を設定して資産を増やし続けるというのも至難の業。

損切を付ければ安心であることは間違いありませんが、利益に対して損切で損失が多くなると一向に資産が増えない損切貧乏になりやすいということもあります。

所謂資産が右肩下がりで減っていくことで、「損切」がついているので安心です。と謳われている自動売買も多いのですが、結果を見ると悲惨な状態になっていることも数多いのが現状。

そこで僕自身、数多く自動売買を触ってきたのですがたどり着いた結論が「ナンピン」のシステムが再現性が高いと判断したのです。

タイトルとURLをコピーしました