月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

過去でも雇用統計はfxで重要な経済指標、日程を覚えて戦略を立てる

FXでは様々な重要指標があります。

その最たるものが本記事のメインテーマ「雇用統計」です。

月に1回行われる雇用統計の発表は、世界中の金融トレーダーが注目しており、発表直後は相場が大きく動きます。

米国経済の先行きを示唆する数値であるため、上手く立ち回ればトレーダーにとって大きく稼ぐチャンスになり、その逆も同じことが言えます。

本記事ではFXにおける雇用統計の特徴、およびその際の値動き・戦略などを解説していきます。

雇用統計とは?なぜFXでの重要指標なのか?

雇用統計は相場を予測に役立つ、最重要指標の1つです。

正式名称は米国雇用統計であり、月1度アメリカの雇用情勢を部門ごとに発表しています。

特に重要な数値結果
  • 非農業部門雇用者数
  • 失業率
  • 特にこれらはアメリカの景気を示唆するものであるため、発表された瞬間は結果が上向きか下向きかを最優先で確認しましょう。

    その他平均自給、金融機関就業数、製造業就業数、建設業就業数、等々全部で10数項目あります。

    しかし世界中が注目している結果は、重要項目2点が主になりますので、特に覚える必要はありません。

    またFXにおいて雇用統計はイベント化しており、相場参加者が最も多いタイミングであることから、結果に関係なく相場が変動するケースもあるのが難しいところです

    雇用統計はいつ発表される?

    雇用統計の結果は、基本的に毎月第一金曜日に発表されます。

    また発表時間は季節ごとに異なり、夏時間でPM9:30、冬時間でPM10:30になります。

    詳細は後述致しますが、発表される瞬間は多くのトレーダーが相場に参加しているため、相場が乱高下する傾向にあります。

    雇用統計が重視される理由とは?

    雇用統計はFXにおいて最大の経済指標です。

    ではなぜ雇用統計は重視されているのでしょうか?

    その理由は次の3つのキーワードが深く関連しています。

    • アメリカのGDP
    • 個人消費
    • 景気

    アメリカのGDP(国内総生産)は世界一を誇り、その内訳7割は個人消費が占めています。

    また個人消費とはその名の通り、個人が物を買ったり、サービスを享受することで生まれる経済効果であり、消費が活発になれば景気は好転していきます。

    これを踏まえて、雇用統計の結果発表から米ドルが買われるまで、以下の流れになります。

    雇用統計の数値が良い→雇用状況が改善される→個人消費が活発になる→景気が良くなる→ドルの価値が上がる

    つまり雇用統計は、世界一の経済大国であるアメリカの景気状況を手っ取り早く知ることができる経済指標だというわけですね。

    FX戦略、雇用統計の値動きはどのくらい?

    雇用発表は最重要な経済指標であるため、発表された瞬間は相場が大きく動きます。

    発表数値は事前予想が出されていますが、その予想数値と乖離することも多く、サプライズを含む結果となれば、当然その分大きな値動きを見せます。

    また雇用統計は米国の雇用状況に関する指標であるため、必然的に米ドルが絡んだ通貨ペアは大きな値動きになります。

    ここでは一例として、雇用統計発表前後の値動きを紹介します。

    雇用統計前後:USD/JPYの値動き

    USD/JPY:雇用統計発表前後の値動き

    雇用統計発表前後における、USD/JPYの値動きです。

    発表の瞬間(21:30)、上ヒゲが大きく伸びたかと思えば、次のローソク足ではガクッと下落しています。

    このように雇用統計が発表された瞬間は、ボラティリティが大きく乱高下する傾向があります。

    その後大きく上昇し続け、最終的には発表前後の時と近いレート帯で値がウロウロする結果となりました。

    後述致しますが、このように大きな値動きを見せた後に、時間を掛けて値戻りするケースも多く見受けられます。

    雇用統計前後:米ドルが絡まない通貨ペア

    上図は雇用統計発表前後におけるAND/NZDの値動きです。

    この通貨ペアはUSD(米ドル)を含んでいないため、発表前後で大きな値動きは見受けられません。

    一方USD(米ドル)を含まない通貨ペアでも、アメリカと政治的結びつきが強い国の通貨(例:CAD,MXN,JPY)は、影響を受けるケースもあるので注意が必要です。

    雇用統計におけるFXの戦略とは?裁量取引では難しい?

    雇用統計の発表が行われる日は、相場全体の取引高(ポジション)が大きく増えるため、トレーダーにとっては稼ぐチャンスになるかもしれません。

    では、どのようにして稼げば良いのでしょうか?

    ここから雇用統計時における、具体的な稼ぎ方戦略について解説していきます。

    裁量取引は要注意!雇用統計時の落とし穴とは?

    裁量トレードで取引をする場合は注意が必要です。

    雇用統計発表直後は、世界中のトレーダーの注文が殺到しているため、FX会社の約定力が追いつかないリスクがあります。

    約定力とは

    注文した価格で約定を成立させる力のこと。

    処理能力の高いサーバーと、多くのカバー先金融機関と連携しているFX会社ほど約定力は高い。

    そのため注文した途端、値が飛んで想定外のところで成立する可能性もあるので注意が必要です。

    値戻りを利用した両建て取引とは?

    雇用統計のような乱高下→値戻りする相場には、両建て取引が有効です。

    この特徴は先ほど紹介した事例においても確認することができます。

    USD/JPY:雇用統計発表前後の値動き

    雇用統計発表直後、USD/JPYは大きく上昇したかと思えば、数時間かけて発表直前と同レートまで値戻ししています。

    この状況において両建てがなぜ有効なのか、以下の手順をご覧ください。

    図1:雇用統計における両建て戦略
    両建て手順
  • ①雇用統計発表直前に、買い:売りそれぞれのポジションを同量注文(両建て)。
  • ②相場が大きく動いたところで、含み益ポジションのみ利確。(図中は買いポジション)
  • ③相場が落ち着いてきたら、値戻しする方向に動くので、残っているポジションを決済。
  • 上下どちらの方向に動いても、含み益のポジションが発生するのが両建てのメリットであり、雇用統計の値戻りを上手く活用した戦略と言えるでしょう。

    自動売買なら効率的に取引可能!

    雇用統計のような細かく乱高下する相場には、自動売買取引がおすすめです。

    取引回数が1,2回の少数で済めば、裁量取引でも問題ありません。

    しかし実際は図2のように1秒単位で細かく乱高下しており、多くのエントリーチャンスが生まれています。

    図2:雇用統計における乱高下のイメージ

    そこであらかじめ自動売買にて、指値注文を細かく設定し、利確&損切りを自動で行わせるというものです。

    まとめ:雇用統計はfxで重要な指標、日程がいつか確認して、戦略を立てよう

    本記事のまとめは以下の通りになります。

    本記事のまとめ
  • 雇用統計はFXにおける最重要経済指標
  • 相場は1秒単位で大きく動く
  • 発表前後は約定力が弱まるので注意
  • 値を戻しやすいため、両建ても有効
  • 細かく乱高下する相場には自動売買取引がおすすめ
  • FXにおける雇用統計は重要な経済指標であるため、その際の立ち回り方は覚えておいて損はありません。

    また相場が大きく動くということは、稼げるチャンスであると同時に、損失を出す可能性も必然的に高まります。

    特に初心者のうちは、あらかじめリスク&リワードを決めておいて、想定外の損失を被らないようにしましょう。

    タイトルとURLをコピーしました