スマホだけでOK!自動売買システムプレゼント!

XMでCFD銘柄が取引できる!メリットや注意点を徹底解説!

XMで取引をしていると、通貨ペアだけでなくゴールドや株、石油などのCFD銘柄を目にすることでしょう。

「どうやらXMでもCFD銘柄を取引できるらしいが、どんなメリットがあるのだろうか?」

「リスクをできる限り抑えてXMでCFD銘柄を取引したい!」

とお考えの方も多いと思います。

そこで今回は、XMでCFD銘柄を取引するときのメリットと注意点を解説していきます!

XMでFX取引をすでにしている方は、すぐにでも始められるのでぜひこの記事を読んでみて下さい!

スマホだけで出来る!
自動売買プレゼント中

XMでCFD取引をする際に必要な基礎知識

CFDという単語をよく聞くけど、そもそもCFDとは何なのだろうか?」

そう思っている方も少なくないことでしょう。

XMのCFD銘柄について見ていく前に、CFD銘柄についての基礎知識を確認しておきましょう!

CFDとは?

CFDとは“Contract For Difference”を省略して名付けられたものです。

日本語では「差金決済取引」などと訳されます。

CDF銘柄では「日本225」「米国ダウ30」「米国NAS100」などの株価指数、「金」「原油」などのコモディティ、といった様々な取引をすることが可能です。

現物の株式を売買する場合、現金で株式を買い、保有し、売却して売却代金を受取るという流れになりますが、CFDでは、現物の売買は発生しません。

証拠金を預け、銘柄を売買し、売買したときにでた差額のみを決済します。

FXと仕組みはほとんど同じなので、通貨ペア同様買いからでも売りからでも取引を始めることができるのです。

XMで通貨ペアの取引に慣れている方はすぐに仕組みを理解できるでしょう。

CFD現物・CFD先物とは?

CFD銘柄は、「CFD現物」「CFD先物」という2種類に分類されることがあります。

CFD現物の特徴は以下の通りです。

CFD現物の特徴
  • 限月がないため長期保有が可能
  • スプレッドが狭い
  • 配当金やスワップポイントも反映される

一方、CFD先物の特徴は以下の通りです。

CFD先物の特徴
  • 限月があり期限になると強制決済される
  • スプレッドが広い
  • CFD先物は配当金やスワップポイントが反映されない

限月とは、取引を有効期限のようなもので、限月が設定されている月になると、強制的に決済されます。

3月に期限が満了する取引であれば3月が限月であり、「3月限」と表記されます。

CFD現物とCFD先物には、限月、スプレッド、配当金やスワップポイントの面で違いがあるので、それぞれの特徴に合わせて取引しましょう!

XMでCFD取引をするメリット

次に、XMでCFD取引をするメリットについて見ていきましょう!

XMでCFD取引をするメリットは以下の通りです。

XMでCFD取引をするメリット
  • 銘柄数が多い
  • ボーナスが利用できる
  • CFD専用口座がいらない

それぞれ詳しく見ていきましょう!

銘柄数が多い

CFD銘柄は投資対象が多く、選択の幅が広いという特徴があります。

XMで取引できるCFD銘柄は、株価指数(現物)14種、株価指数(先物)10種、コモディティ8種、貴金属4種、エネルギー5種の全41種です。

どれを選んでよいのか悩んでしまう場合は、日常生活に馴染みのある商品や、興味のあるものを選ぶのがいいでしょう!

ボーナスが利用できる

XMは、「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」「ロイヤルティボーナス」など、ボーナス制度が充実しています。

ボーナスを上手に利用すれば手持ちの資金を2倍に増やして取引を始めることも可能です。

加えて、これらのボーナスは、通貨ペアのトレードだけでなく、CFDのトレードにも利用することができるのです!

少額から増やすトレードをしたい方は、XMのボーナス制度が活用をうまく使いましょう!

XMのボーナスについては以前紹介しているので興味がある方は以下の記事を合わせてお読みください。

CFD専用口座がいらない

CFDを取引するのであれば、通常のFX口座を開設するだけでOK。

CFD口座とFX口座を別々に開設する場合、資金をそれぞれの口座に入金しなければいけないので、資金効率が悪くなります。

また口座が別々だと、ドル円の価格変動とダウ平均株価など、通貨ペアとCFD銘柄のチャートを同じ取引ツールの画面で見ながらトレードすることができません。

XMではCFD取引の際に、専用の口座を作る必要はなく、普段FXの取引をしている口座があればCFD取引もできるので、手軽に取引を始められます!

XMのCFD取引の注意点

ここまでで、XMのCFD取引のメリットについて見ていきましたが、注意点も合わせて見ておきましょう!

XMのCFD取引の注意点は以下の通りです。

XMのCFD取引の注意点
  • 投資対象の基礎知識を学ぶ
  • 値動きの激しいものを選ぶときには注意

それぞれ詳しく解説していきます!

投資対象の基礎知識を学ぶ

FXで通貨ペアの特徴を勉強したように、 CFD銘柄を取引するときにも投資対象の基礎知識は必須です。

取引銘柄が多くなると、その分必要な知識量も多くなります。

一気に複数の銘柄の取引を始めると、その分勉強することが多くなり大変です。

まずは新しく始める場合は1つずつにして、知識を増やしてから取引銘柄を増やすようにしましょう!

値動きの激しいものを選ぶときには注意

値動きの激しいCFD銘柄を取引するときには注意が必要です。

値段が一気に上がることもあれば、一気に下がることもあり、資金が一瞬にしてなくなってしまう危険性が潜んでいます。

特にSILVER(銀)やOIL(原油)などは値動きが激しいので、初めのうちは別のCFD銘柄にする方がオススメです。

取引を始める前に価格変動率を表す「ボラティリティ」について知らべておきましょう!

まとめ

今回は、XMでCFD銘柄を取引するときのメリットと注意点を解説していきました。

CFD銘柄を取引できるようになれば、様々な銘柄に投資することが可能なので、リスクを分散して運用することができます。

リスクを分散することは、FXなどの資産運用において必須です。

XMなら1つの口座さえあれば、通貨ペア、CFD銘柄ともに取引することが可能なので、この機会にぜひ試して見てください!

タイトルとURLをコピーしました