月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

海外FXのフルレバって儲かる?運用方法やメリット・デメリットを紹介

海外FXの取引方法として話題のフルレバ。

「海外FXのフルレバって儲かるの?」

「フルレバって危険じゃないの?」

このような疑問がある方もいるのではないでしょうか。この記事では、フルレバのメリット・デメリットからフルレバの活用方法まで詳しく解説していきます。

この記事を読めば、フルレバによる運営をするために必要な正しい知識を身に着けることができるでしょう。

海外FXのフルレバとは

海外FXのトレード方法として、フルレバは非常に有名です。ここでは、フルレバについての基礎的な知識を解説していきます。

フルレバレッジの略

フルレバとはフルレバレッジの略で、レバレッジを最大まで引き上げてトレードすることをいいます。

また、レバレッジとはてこの原理のようなもので、口座にある証拠金を担保にして本来の何十倍、何百倍もの取引ができるシステムのことです。

ちなみに、国内FXでは、金融庁の取り決めによりレバレッジ最大25倍までと決まっています。しかし、海外FXでは、888倍や1000倍ものレバレッジをかけられます。

つまり、海外FX事業者を使えば、少ない資金でもレバレッジを何百倍にもして運用することができるのです。

海外FX各社の最大レバレッジ

海外FXの最大の魅力ともいわれるレバレッジの高さ。では、実際にはどのような最大レバレッジを設けている会社があるのでしょうか。具体的に見てみましょう。

XM888倍
Gem Forex1000倍
HotForex1000倍
FBS3000倍

ご覧頂いたとおり、海外FXで人気の高い証券会社XMで888倍、FBSに至っては3000倍と、高い水準にあります。国内の25倍が小さ過ぎて霞んでしまいますね。

フルレバで海外FXをトレードするメリット

海外FXでのフルレバトレードには、さまざまなメリットがあります。内容は以下の通りです。

・ゼロカットシステムをうまく利用できる

・小額から資金を増やせる

順番に見ていきましょう。

ゼロカットシステムをうまく利用できる

海外FXには証拠金がマイナスになった際に追証(追加の証拠金支払いのこと)を催促されることがありません。

これをゼロカットシステムといいます。このシステムは海外FXのみの機能で、国内FXにはゼロカットシステムはありません。

国内FXのハイレバトレードだと、含み損を抱えるごとに、「この含み損がふくらんで、追証になったらどうしよう」という考えがよぎって、メンタルが不安定になってしまいます。

反対に、海外FXでは、ゼロカットシステムにより、損失を予算内に収めることができます。そのため、計画的で安定したトレードが可能になるのです。

少額から資金を増やせる

海外FXには、最大レバレッジが888倍や1000倍、さらには3000倍のものまであります。

この特性と、先述したゼロカットシステムを組み合わせることで少額から一気に資金を増やすことが可能です。

例えば、FX投資に使える資金が10万円だったとします。その場合、10万円をすべて口座に入金するのではなく、2万円程度で5回ずつに分けて入金しましょう。

その後、入金した2万円で損切注文を置かずに、以下のようなイメージで、ハイレバトレードしていきます。

2万円:失敗(0円)

2万円:失敗(0円)

2万円:失敗(0円)

2万円:失敗(0円)

2万円:成功(10万円)

このようなイメージでトレードすると、ゼロカットを余すことなく利用でき、失敗しても取り返しがききます。

フルレバで海外FXをトレードするデメリット

フルレバには、2点のメリットが存在することを解説しました。しかし、フルレバにはデメリットも存在します。フルレバのデメリットは以下の2点です。

・多額の資金が一気に減ってしまう可能性がある

・口座の残高により、最大レバレッジが変化する

順番に見ていきましょう。

多額の資金が一気に減ってしまう可能性がある

フルレバでのFX取引では、少しの動きで大きな金額が動きます。

例えば、ほんのわずかな値動きでも、ものの数分であなたの100万円がゼロカットで溶けてしまうこともあり得るのです。

そう考えると、多額の資金を口座に入金してフルレバをすることが非常に危険なことがわかるのではないでしょうか。

口座の残高により、最大レバレッジが変化する

海外FX業者では、口座残高が増加するにつれて最大レバレッジが下げられてしまうことがあります。

例えば、XM(スタンダード口座)の場合は以下のような最大レバレッジとなります。

・有効証拠金2万ドル(200万円相当)未満=最大レバレッジ888倍

・有効証拠金2万ドル(200万円相当)~10万ドル(1,000万円以上)未満=最大レバレッジ200倍

・有効証拠金10万ドル(1,000万円相当)以上~=最大レバレッジ100倍

このように、XM(スタンダード口座)では、口座残高に応じて最大レバレッジが変化します。

そのためフルレバをする際は、口座残高が大きな金額になっていないかを確認しましょう。

フルレバで海外FXをトレードする際のコツ

海外FXのボーナスをうまく利用しよう

海外FXには、豪華なボーナスをプレゼントしている業者が多く存在します。中には、新規口座開設をすれば、まったく入金しなくても数千円~数万円のボーナスがもらえたりします。

このボーナスは、自分のお金ではありませんが、トレード資金に利用できます。

そのため、メンタル面での動揺なくフルレバでトレードすることが可能になります。例えば、XMやGem Forexでは、定期的に以下のような魅力的なキャンペーンを実施しています。

業者名新規口座開設ボーナス
XM5,000円
Gem Forex20,000円

口座開設するだけでこれだけの金額分がボーナスでもらえるのは大きな魅力です。

資金管理を徹底しよう

資金管理はFXにおいては、非常に重要な基礎知識です。

「資金管理>手法」ということを忘れずにフルレバを行いましょう。

フルレバに最適な資金管理法は、口座残高を2万円ほどの小額にする方法です。口座残高を少なくすることで、ゼロカットをうまく利用することができます。

これにより、損失は最大でも2万円におさえ、大きな利益を得ることが可能です。

まとめ

今回は、海外FXのフルレバについて解説しました。

フルレバのメリットは、ゼロカットシステムをうまく利用できる点や、小額から資金を増やせるという点が挙げられます。

フルレバのデメリットは、多額の資金が一気に減ってしまう可能性があることや、口座の残高により、最大レバレッジが変化するという点がありました。

また、海外FXのボーナスを賢く利用したり、資金管理をすることによって、フルレバトレードがより良いものとなるでしょう。

今回解説したように、資金管理方法をしっかり守って大きな利益を狙っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました