スマホだけでOK!自動売買システムプレゼント!

XMの自動売買(EA)で稼げる?メリットやデメリットを徹底解説!

XMの自動売買は、手間がかからないので忙しい人でも利用しやすかったり知識や経験が少ない人でも取引ができたりなどメリットが多くあります。

しかし、一方でデメリットも存在するのです。

デメリットを知らずにXMの自動売買を行うと損してしまう恐れがあるでしょう。

そこで、本記事では自動売買の仕組み、メリットとデメリットなどについて紹介します。

XMの自動売買を行いたいと思っている人は、この記事を読むことでメリットを最大限活かしながら運用できるでしょう。

スマホだけで出来る!
自動売買プレゼント中

自動売買(EA)とはどんな仕組み?

自動売買とは、プログラムによって自動でトレードを行うシステムのことです。

自動売買はExpert Advisorを略してEAとも呼ばれています。

自動売買プログラムをMT4やMT5に導入することで利用できます。

あらかじめ決められたトレードルールに沿って自動で売買を行ってくれるので、常にパソコンを見ておく必要もありません。

優秀な自動売買ツールを選ぶことができれば、時間をかけたり知識を身につけたりすることなく利益を出すことも可能です。

ただし、メリットばかりではなくデメリットも存在します。

次の項目では、自動売買のメリットやデメリットについて紹介します。

自動売買(EA)のメリット

自動売買には以下の4つのメリットがあります。

メリット
  1. 時間がない人でも利用できる
  2. チャート分析に関する知識がなくても大丈夫
  3. 感情に関係なく取引できる
  4. 24時間トレードができる

メリットを考えると、自動売買はFXに慣れていない初心者の方に向いています。

①時間がない人でも利用できる

継続して利益を出すためには、どのタイミングで取引をするのかなどを見極めなくてはいけないのでずっとパソコンに張り付いておく必要があります。

しかし、自動売買なら自動でトレードを開始したり手仕舞いが実行されたりします。

そのため、仕事があるのでまとまった時間が取れない人や忙しい人でも利用できるでしょう。

今までFXに興味はあったけれど時間が取れないため始められなかったという方でも、自動売買なら始められるのではないでしょうか。

②チャート分析に関する知識がなくても大丈夫

自動売買では、あらかじめロジックが組み込まれているので「このような条件になったらトレードを開始する」「このような状態になったら手仕舞う」というルールを守りながらトレードを行います。

そのため、チャート分析などの難しい知識や経験がなくても利用できるのです。

手動でトレードを行う場合は、難しい知識をたくさん身につけたり、経済指標や政治家の発言などの情報収集などを行ったりする必要があります。

しかし、自動売買であればテクニカルの知識がなくてもトレードを行うことができるでしょう。

③感情に関係なく取引できる

トレードでは感情に左右されて冷静に判断できなくなることがあります。

利益が大きくなるまで待ち続けたり損失が小さくなることを期待して損切りをしなかったりなど、感情に任せたトレードをしてしまうことがあるでしょう。

自動売買なら、決められたルールに従ってトレードを行うので自分の感情に関係なく取引ができます。

④24時間トレードができる

自動売買なら、24時間トレードを行うことが可能です。

FXは月曜から土曜日まで行うことができるので、自動売買をセットしておくだけで仕事中や寝ている間でもトレードができます。

そのため、ベストなタイミングで取引ができチャンスを逃すことがないでしょう。

自動売買(EA)のデメリット

自動売買にはメリットばかりではなく以下のようなデメリットもあります。

デメリット
  1. 急な変動に弱い
  2. いつの間にか損していることがある
  3. 知識が身につかない
  4. 自動売買を選ぶのが難しい

XMの自動売買を利用したいと考えている方は、デメリットも理解しておくことが大切です。

①急な変動に弱い

自動売買は、相場が急変動したときや経済指標イベント時など値動きが激しくなったときに弱いです。

自動売買はルールに沿って取引しているので、パターンにない値動きをした場合に対応できず損失を出してしまう恐れがあります。

経済指標の発表時は稼働させないなどの対策が必要です。

②いつの間にか損していることがある

自動売買は自分が仕事をしている間や寝ている間など、活動していないときでもトレードを行っています。

そのため、自分が見ていないときに損失を出していることがあるのです。

自分でトレードを行っているときは、損失を出したらすぐにわかるでしょう。

しかし、自動売買の場合は損失に気付くのが遅れて大きくなってしまう恐れがあります。

③知識が身につかない

自動売買はあらかじめ決められたロジックに沿ってトレードを行っているので、新しい知識を身につけにくいでしょう。

自分で考えてトレードを行わないと知識を身につけにくいので、自動売買で問題が起こったときに自分で解決できる力がない可能性があります。

④自動売買を選ぶのが難しい

自動売買のツールには非常に多くの種類があります。

そのため、どれを選べばいいのか迷ってしまう人がほとんどでしょう。

勝率が高く利益が増えやすい優秀な自動売買ツールを探すことは、手間がかかるので大変な作業になります。

また、一つの自動売買ツールに絞るのではなく複数のツールを組み合わせて利用するのもありです。

自動売買ツールの選び方がわからないという方に向けて、次の項目では自動売買を選ぶポイントについて紹介します。

自動売買を選ぶポイント

自動売買で利益を出すためには、優秀な自動売買ツールを選ぶことが大切です。

自動売買ツールにはたくさんの種類があるので、見極めることは大変でしょう。

特に初めて自動売買を利用する方にとっては、どうやって判断すれば良いかわからないこともあるはずです。

この項目では、自動売買を選ぶときのポイントについて紹介します。

過去の成績をチェックする

自動売買のツールを選ぶときは、過去の成績をチェックすることが大切です。

確認するべき項目
  • プロフィットファクター
  • 最大ドローダウン
  • 稼働期間と取引回数

プロフィットファクターとは、総利益÷総損失で計算される数値のことです。

この数値が1.0を超えていると儲かりやすい自動売買と判断できます。

最大ドローダウンとは、自動売買を稼働している間の最大の損失の値です。

最も調子が悪いときだとこのくらいの損失が出るという目安になります。

稼働期間が短すぎる場合や取引回数が少なすぎる場合は、プロフィットファクターや最大ドローダウンの数値が高くなる可能性があります。

そのため、稼働期間と取引回数もチェックすることで信頼性が増すでしょう。

ほとんどの自動売買ツールは過去の成績を公開しているのでチェックしてみると良いです。

フォワードテストをチェックする

フォワードテストとは、リアルタイムで稼働してどのくらいの利益が出るのかを検証したものです。

フォワードテストを公開している自動売買ツールは多くはありません。

しかし、フォワードテストの数値は参考になるものなので、公開している自動売買ツールから選ぶことがおすすめです。

XMに適しているかチェックする

自動売買ツールが優秀でも、XMに適していないと勝てないこともあります。

そのため、XMに適しているのかも確認しておきましょう。

対応しているFX会社を検索すると記載されているはずです。

VPSを使えば常時稼働できる

XMの自動売買を利用するには、常にパソコンを起動しておく必要があります。

しかし、常にパソコンを起動していると負荷がかかったり、停電などの際はパソコンの電源が落ちてしまったりすることもあるでしょう。

そこでVPSを利用することで、パソコンを起動しなくても24時間自動売買を行うことができます。

インターネット環境が不安定になったり、停電が起こったりしても安定して自動売買を続けることが可能です。

まとめ

XMの自動売買は、少額の資金でも利用できて知識や経験が少ない人でも使えるので初心者の方におすすめです。

ただし、XMの自動売買を利用するためにはさまざまな手順を踏む必要があったり、VPSの設定が必要だったりとパソコンやサーバーに関する知識が求められます。

また、自動売買だからといって放置していると損をするという恐れもあるでしょう。

デメリットも事前に知っておくことで、XMの自動売買のメリットをより活かせるようになります。

タイトルとURLをコピーしました