月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

FXのスプレッドとは?時間帯毎に変動、急に広がる原因と注意点

スプレッドの仕組みと注意点

スプレッドとは、「売値と買値の差」のことを指します。

USD/JPYを取引する際に、売値:111.302、買値:111.320とします。

この時、買値-売値=1.8、つまり1.8銭が取引する際にの手数料となります。

この銭というのは、1円未満のお金の単位で1円=100銭と表します。

1871年に新貨条例によって誕生したこの単位も、経済成長によって物価の価値が上昇したため、それに伴いほとんど使われなくなったこの通貨が1953年に使用停止となりました。

ただ、これはその時の物価情勢で1円未満の通貨が取引に使われることがないことに対応する措置で、計算単位としてはFXのように活用されております。

なぜなら円だけの単位だと粗く、大きな単位で取引される為替市場ではその1円の値動きだけでも大きな額になることから細かい単位まで求められるとのことです。

1ドル100円で1億円分取引する時に、101円に値動きしたら1億100万円の取引となり、それだけでも100万円単位で金額が変わってくるためです。

また銭と同様に覚えておくべき単位としてpips(ピップス)があります。

pips(ピップス)は為替レートの最小単位のことで1pips=1銭となります。

100pipsなら1円ということですね。

ちなみにこちらはドル円やクロス円(円が絡んだ通貨ペア)の場合で、円が使われないドルのペアなら1pips=0.001通貨単位(ドルなら0.0001ドル、0.01セント)となるので抑えておこう。

このpipsという単位ですが、仮にない場合はどうなるかというと、銭やセントなど細かい通貨単位がある場合なら問題ないが、多くの海外の通貨はこのような単位がないためスプレッドの表記がみずらくなってしまう。

つまり、表記を見やすくするためにも共通のpipsというものを設けたのです。

話を戻しますが、FX会社ではよく「手数料無料」と豪語していますが、もちろん手数料が完全に無料なんてことはありえません。(もし、本当に無料だとするならば収益が出ずに倒産します笑)

手数料として項目は無料であることがほとんどですが、実際にはスプレッドに手数料が上乗せされており、トレーダーは負担する形となります。

ただこのスプレッド、証券会社によって変わってくるので、できるだけスプレッドの安いところを選ぶことが大切です。

スプレッドが急に広がる原因と時間帯

このスプレッド、やっかいなのが急に広がる場合があります。

下記の3つ。

1.流動性の低下

2.レートの急激な変化

3.提携先が少ない

1.流動性の低下

取引がよくされる状態のことを「流動性が高い」と言います。

流動性が高いと常にトレードを行う人が市場にいますので、取引が成約しやすくなり、スプレッドは安定。

逆に流動姓が低いとなかなか売れなかったり、買えなかったりするので、スプレッドは広がります。

日本時間のAM5時〜8時くらいは、ニューヨーク市場が閉まるので、市場参加者が少なく、スプレッドが広がることが多いですね。

また、年末年始、GW、お盆などの長期休暇に関しても機関投資家などが休みになりますので、スプレッドが広がります。

2.レートの急激な変化

大きな経済指標が発表された場合(例えば戦争や地震など)レートが大きく変動するため、FXの取引所のシステムもすべての注文に対応することができなくなり、やむなくスプレッドを広げることがあります。

経済指標の発表数分前にスプレッドを広げるFX会社なども多いので、システムがしっかりしていて、成約率の高いFX口座を利用することが重要ですね。

3.カバー先が少ない

FX会社が提示してくる為替レートというのは、金融機関が実際に取引をするレートを参考にしています。

提携先の金融機関が多いと基本的にはスプレッドの広がりを抑えることが可能。

逆に提携先が少ないとスプレッドの広がる原因となります。

FX会社の口座開設の際には、こういうところについても注目してみると良いでしょう。

例えば、GMOクリック証券のカバー取引先19件、DMM.COMのカバー取引先9件、みんなのFXのカバー取引先11件、など証券会社によってまちまちで異なっています。

スプレッドが広がった時の対処方法

許容スリッページを設定します。

スリッページというのは、「注文価格と約定価格の差」のこと。

たとえば、111.100円の時に買い注文をして、実際に約定したのが、111.125円だったりすると2.5銭(2.5pips)のスリッページが発生したということになります。

取引額が大きくなると損益に直結するものになります。

取引の成立上、スリッページが100%発生しない口座はほとんどありません。

そこで覚えておきたいのが、注文する時に「許容スリッページ」が設定できるかどうか?

例えば101.100で注文を出した時、許容スリッページの値を1銭(1pips)としておくと、101.100以上のレートで約定することはなくなりますので、損失を最小限に留めることができます。

GMOクリック証券などでしたら許容スリッページの設定がwebブラウザ、ツール、アプリなどからでも行うことができますので、安心して取引できますので、確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました