月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

5か月で500万円以上稼いだ方法

僕がやった方法はとっても簡単です。

ビットコイン(BTC)を自動積立した」だけです。

と言われても、何のことだか分からないという方も多くいらっしゃると思います。

なので、解説していきますね。

ビットコイン(BTC)とは?

まず、ビットコインとは何かということですが、

2008年にサトシ・ナカモトという人物、またはグループによって発明された仮想通貨(暗号資産)です。

「仮想」という言葉からもわかるように、インターネット上のみで存在する通貨です。

上図のようなコインを見たことがあるかもしれませんが、これはあくまでイメージであり、実際にこうしたコインがあるわけではありません。

イメージとしては、普段Suicaなど電子マネーを使ったことがある方も多いと思いますが、ビットコインも同じように「決済」に使えたりします。

電子マネーとの違いは、決済だけではなく、誰かに送金も可能で、更にはビットコイン自体の価格が上昇したり、下落したりと投資対象物になることです。

ビットコインは発行上限「2,100万枚」に設定されておりそれ以上に増えることがないことから、金のように「投資」や「価値の保存」の用途として投資家から注目されています。

詳細は、ネットで調べてもらえれば沢山の情報が出てきますので、確認してくださいね。

なぜ、上がる可能性が高いのか?

①上限の枚数が限られている
②知名度が上がり、需要が高くなる
③経済情勢が不安定になり、退避先通貨となる

様々な理由はありますが、上記3点について解説します。

①上限の枚数が限られている

ビットコインの発行上限枚数は決まっており、2100万枚しかありません。

日本人の人口が1億2千万人としても、1人1BTCすら持つことが出来ないのです。

ビットコインは世界中で取引や使われている通貨で、世界人口を80億人だとした時には更に入手困難になるでしょう。

②知名度が上がり、需要が高くなる

4年前くらいまではビットコインは「詐欺」と言われていたのですが、今はもうそのようにいう人はほとんどいません。

2021年になり、ビットコインの上昇や取引所の上場などもあり、世界中で関心の高まりや信頼性が増してきております。

③経済情勢が不安定になり、退避先通貨となる

日本円を使っている、僕らからすると、そんなよくわからない仮想通貨よりも、円で十分だよねと思うもしれません。

それは、円に対して信頼性が高いため、そう思っていらっしゃるかと思いますが、そのような自国の通貨に対して信頼している国民は一部の国にしか過ぎません。

ギリシャ、ウクライナ、コートジボワール、エクアドルなど債務不履行になり、自国の通貨が恐ろしいくらいに目減りしたところもあるのです。

彼らからすると、自国の通貨よりもビットコインの方が安全で、保有したいと思う方も多くいるのです。

つまり、ビットコインは金などのように価値保全の手段として、退避先通貨として機能しております。

他にも様々な理由はありますが、こういったことからビットコインの需要が年々高まってきており、しかも共有される枚数が限られているため、需要>供給の関係から高騰しているのです。

どうやって、稼ぐのか?

今回は積み立てと言われる、コツコツ買い増しをしていくという方法を活用します。

手元に100万円の資金があったとして、それを一度にビットコインに両替するのではなく、1カ月毎に10万円で10カ月に渡って買いまして行くやり方です。

ビットコインはまだ出始めて間もないため、値動きがかなりあるんですよね。

1日に数万、数十万円動くのは結構当たり前で、一度に買ってしまうと買った瞬間に大きな含み損を抱えてしまうこともあります。

なので、買う時期をずらして、購入単価をならすことが、精神的にも安心できる投資方法と考えてます。

ちなみにこれはドルコスト平均法と言われる立派な投資スタイルなんですね。

ちなみにビットコインは上記のような感じで、どんどん上昇中です。

初めて価値が付いたときは、1BTC=0.01円程度だったのですが、現在は1BTC=700万円近くまで到達しました。

つまり、12年そこらで7億倍になっているわけですね。

最初に100円投資したら、今700億円??になっている計算ですね(笑)

積み立て投資のやり方

やり方はとっても簡単です。

コインチェックと呼ばれる大手取引所があり、そちらで口座開設を行い、入金して、積み立て機能を使うだけです。

積立は全自動で行われますので、設定したら後は完全放置でOKです!

まずは、口座開設を進めてくださいね。

※この手法に使う取引所は未成年はご利用頂けません

タイトルとURLをコピーしました