月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

スワップの仕組みと注意点

スワップの仕組みと注意点

トレードをしていると決済した際に、実際に想定していたよりも利益が大きかったり、含み損を放置していたら知らぬ間にマイナスが大きなものになっていたりと出くわす機会もあると思います。

その時に覚えておく必要があるのがこのスワップポイントというもの。

スワップは通貨ペアの金利差調整額のこと、取引している通貨ペアのポジションによって発生してくるものです。

例えば、USD/JPYの場合はアメリカのほうが政策金利が高く、日本は金利が低いというよりもほぼないに等しいです。

そのため円を売ってドルを買う、つまりドル円のロングポジションを持つとスワップポイントを受け取ることが出来ます。

もう少し詳しく説明します。

仮に、円売りドル買いのポジション(USD/JPYロング)を持つ場合は、

  • 円を売却→円の金利を払う
  • ドルを購入→ドルの金利をもらう

というように、円とドルの金利を「交換」する必要があり、これが「スワップ」とよばれるものです。

スワップには2種類ある

また、スワップポイントには2種類あります。

それはプラススワップとマイナススワップです。

・プラススワップは、金利が低い通貨を売って、金利が高い通貨を買うと発生

→円を売って、米ドルを買ったとき

・マイナススワップは、金利が高い通貨を売って、金利が低い通貨を買うと発生

→米ドルを売って、円を買ったとき

という仕組みとなっておりますので覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました