スマホだけでOK!自動売買システムプレゼント!

FX自動売買は危険?デメリット、大損や失敗しないための対策

スマホだけで出来る!
自動売買プレゼント中

FX自動売買とは何か?

自動売買とは決められた取引ルールをプログラミングすることで、自動的にそのルール内で取引を行うことをいいます。

一般的にはシステムトレードと呼称されることも多いです。

取引ルールの多くは利益を出しているトレーダーの手法に基づいているので、初心者が自身の裁量でトレードをするよりも利益の獲得チャンスが高いといえるでしょう。

自動売買の最大のメリットはシステム化しているので、24時間取引が可能かつルール通りに取引できるという点です。

トレーダーが相場を見て取引を行う裁量トレードでは、24時間相場に張り付くことができません。

また「稼ぎたい」という感情が入ってしまい、損切ができず大損する可能性もあります。

しかし自動売買であれば、ルール通りにしかも24時間いつでも取引を行って行ってくれるので、淡々と取引チャンスを取りこぼさずトレードを行うことが可能です。

大損しないために注意するべきポイント

FX初心者の方であれば自動売買を活用することで、自身でトレードを行うよりも効果的に利益をあげることができるでしょう。

ただし自動売買も利用する際に注意しなければならないことがあります。

  • 正しい運用方法で運用
  • 適した相場で自動売買を稼働する
  • 経済指標の際は稼働を止める

それが上記3つのポイントです。

最低限これらを抑えておかないと大損する可能性があるので注意しましょう。

正しい運用方法で運用する

自動売買システムはそれぞれ適したLot数や適した証拠金があります。

利益を上げたいからといって推奨値以上のLot数でエントリー、推奨証拠金以下の金額でトレードを行ってしまうと自動売買ツールは上手に稼働しません。

無理な設定でトレードをすると大損する可能性がありますので、自動売買ツールで安定した利益を上げたいのならば設定はしっかりと守るようにしましょう。

適した相場でシステムを稼働する

相場にはそれぞれトレンド相場レンジ相場といったものがあります。

トレンド相場に適したシステム、レンジ相場に適したシステムと自動売買システムであっても適した相場・そうでない相場があるのが特徴です。

そのためツール業者からアナウンスがあった場合は、アナウンス通りにシステムの稼働・停止を行うことが安定して利益を上げることにつながります。

自動売買システムだからといって稼働して放置するのは厳禁です。

経済指標の際は稼働を止める

自動売買システムは過去のチャートを分析したテクニカル分析を基本としています。

そのため経済状況や経済指標発表といった経済状況や金利で相場を分析するファンダメンタル分析には対応できません。

そのため経済指標の発表によって大きな価格変動が起きると、意図しないところでエントリーして大損する可能性があります。

そうならないためにも重要な経済指標発表時はポジションを決済し、システムの稼働を止めておきましょう。

自動売買選びでチェックするべき3つのポイント

自動売買の優位性を理解して頂いたと思います。

世の中には非常に多くの自動売買が出回っており、いざ自動売買を選ぶとなると迷ってしまうことでしょう。

多くの自動売買がある中でどういったポイントを抑えて選ぶ必要があるのでしょうか。

  • 口コミ・評判
  • バックテスト
  • フォワードテスト

最低限抑えておくべきポイントは上記3つです。

口コミ・評判

1つ目のポイントは、システムの口コミ・評判です。

口コミや評判が高評価のものは、システム選びに欠かせない材料の1つといえるでしょう。

しかし、口コミ・評判のみで判断しシステムを選ぶのは賢明ではありません。

口コミや評判は業者による捏造や取引結果を改竄して公表していることが非常に多いからです。

そのためシステムを選ぶ際は、口コミ・評判以外にも後述のバックテストやフォワードテストなども参考にして総合的に選ぶようにしましょう。

バックテスト

出典:gogojungle

バックテストとは作成した自動売買システムを過去の相場を用いて相場の変動に対応できるかを確認したシュミレーションテストのことをいいます。

バックテストは検証期間が最低でも数年、長い期間では10年行っているかを確認するようにしましょう。

相場の状況は常に変化するため検証期間が1~2年のものだと、数年間の運用に耐えられないばかりか、急落などの突発な値動きに耐えられない場合があるのです。

3~10年という長い期間を対象に検証を行い、バックテストの結果が右肩上がりに上昇していれば長期的に安定して稼げる指針の1つといえるでしょう。

しかしいくら過去に利益を上げられている結果だとしても、データが古くなればなるほどデータの整合性は低下します。

将来大きな相場変動が起こる危険があるためバックテストだけ信じるのは危険といえます。

そのため必要になるのが、もう1つのポイントであるフォワードテストです。

フォワードテスト

出典:gogojungle

フォワードテストとは実際に自動売買を稼働・運営して確認していきます。

資金を利用してリアルトレードで行う方もいれば、デモトレードで運用される方もいます。

こちらは現在の相場変動でシステムを運用しているので、現在の相場に適しているかという判断材料になります。

収益と収益+含み損益のラインが寄り添うにして右肩上がりに上昇していれば、安定的に収益を上げれているということです。

まとめ-自動売買を上手に活用しよう

自動売買システムはFXの知識がない初心者でも安定して稼いでくれる素晴らしいツールといえます。

ただし、安定して稼ぐためにはしっかりと運用方法を理解し、正しい方法で稼働させることが大切です。

また自動売買ツールを取り入れる際は、今記事で紹介したポイントをしっかり抑えて優秀なシステムを選び、大損しないトレードを行って下さい。

タイトルとURLをコピーしました