月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

新型ウイルス感染拡大で7月末までの利下げ観測高まる

注目のニュース

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日、新型ウイルスの感染レベルについて「パンデミック(世界的流行)の可能性がある」と発言しました。

同氏は、「いかなる国も、自国での感染はないとの思い込みは致命的な誤りだ」と警告、「イタリアでの流行は実に驚きで、他の多くの先進国でもこうしたサプライズを想定すべき」と述べています。

これらの感染拡大を受け、金融市場ではFRBが7月末までにあと2回の利下げを行うとの観測が出ており、CMEグループのフェドウオッチによると、FRBが次回に開くFOMCで利下げを決定する確率は33%から72%まで上昇しました

注目の経済指標

09:00(米):クリーブランド連銀総裁の発言

22:30(加)GDP・第4四半期GDP・(米)個人所得・個人支出など

24:00(米)ミシガン大消費者信頼感指数

ドル円のポイント

新型ウイルス感染拡大で7月末までの利下げ観測高まる

昨日の値動き⇒水曜日の110.50-110.20のレンジ相場を抜け、その後はレンジ下限の110.20で売られる形で02/25安値を更新、結果的には下落トレンドの継続となりました。

注文状況⇒買いが優勢、買い注文は109.20・109.00に集中、売り注文は109.30に集中。

トレード戦略⇒直近で2回意識されている109.90のサポートラインが次に意識される可能性が高いポイントなのでここを目安に戻り売り、もしくは一時間足SMA50まで戻るのを待ってショートします。買いは様子見です。

タイトルとURLをコピーしました