月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

新型ウイルスの影響でリスクオフの流れ強まる、安全資産が全面高

注目のニュース

24日の米株式市場は大きく下落し2018年2月以来の大幅安に、本日の東京市場は取引開始直後から売り注文が集中している状況となっています。

これらの主な原因として挙げられるのが新型コロナウイルスで、イタリアや韓国、イランなどでも感染が拡大していることから、世界的に流行する懸念が非常に強まっています。

金融市場では新型ウイルスが事業や世界のサプライチェーンに与える影響について企業が警告を発したことから安全資産に資金が集まっており、国債や金が急騰しています。

一方で、中国政府は工場の操業再開を推進、2020年の成長および経済発展目標を達成できるように企業に生産再開を促していますが、新型ウイルスによる死者数は依然として増加傾向にあるため、リスクオフの流れは今後も強まりそうです。

注目の経済指標

23:45(米)ダラス連銀総裁の発言

24:00(米)消費者信頼感指数

27:00(米)2年債入札

29:15(米)クラリダFRB副議長の発言

ドル円のポイント

新型ウイルスの影響でリスクオフの流れ強まる、安全資産が全面高

昨日の値動き⇒昨日は一時間足SMA20に抑えられる形で大きく下落、円買いの勢いが強くなっている状況です。

注文状況⇒注文量がかなり少なめ、売り注文は110.85に集中、買い注文はまばらで少ない状況

トレード戦略⇒本日は注文量が売りと買いどちらも少ないため、値動きの少ない相場になる可能性があります。本日は買いを控え、一時間SMA20反発でショートします。

タイトルとURLをコピーしました