月利20%の自動売買システム無料プレゼント中!

中国・米製品の追加関税の適用を1年間免除することを発表

注目のニュース

中国政府は18日、米国からの輸入品696品目を対象に追加関税の適用を一年間免除すると発表しました。

今回主な対象となるのは豚肉や大豆、原油や液化天然ガスで、追加関税の免除は今回で三度目となりますが、過去最大規模となります。

一方で、中国側は米産品の輸入を二年で二千億ドル(約二十二兆円)増やすということを第一段階の合意で明記していますが、米当局者の間では新型肺炎の感染拡大の影響が大きいことから、約束した輸入を実現できるのか疑問視する声も上がっています。

注目の経済指標

18:30(英)消費者物価指数・小売物価指数・生産者物価指数

20:00(トルコ)TCMB政策金利&声明発表

22:30(加)消費者物価指数・(米)生産者物価指数・住宅着工件数・建設許可件数

25:45(米)ミネアポリス連銀総裁の発言

27:30(米)ダラス連銀総裁の発言

28:00(米)FOMC議事録公表(1月28日・29日開催分)

ドル円のポイント

中国・米製品の追加関税の適用を1年間免除することを発表

昨日の値動き⇒現在は日足高値圏でのレンジ状態、レンジの目安は110.00-109.60となります。昨日は一時的に前日安値109.71を割りましたが、直後に強く反発し昨日の始値109.86付近で終了となりました。

注文状況⇒売りが優勢、売り注文は109.95~110.00・110.10~110.25・110.40に集中、買い注文は110.00・109.70~109.60に集中。

トレード戦略⇒本日もレンジ相場となって高値から下落する可能性はありますが、日足の上昇トレンドに対する押し目買いを狙いたいので、買いで狙っていきます。買いのポイントとなるのが昨日の終盤に意識されていたSMA20、もしくはレジサポ転換している109.78です。売りは様子見とします。

タイトルとURLをコピーしました